19/10/24
Breaking News

中途採用でチェックすべきポイント

付属学校を持つ病院や奨学金制度を設けている病院では、安定的に人材を確保できています。
しかし、それ以外の所では、採用競争が激しくなっているのが現状です。
さらに高い離職率を抑えるべく、多くの病院では看護師の定着に尽力しています。
そのため以前に比べて看護師の転職状況は上向きで、有利な立場で中途採用に望める可能性があります。

求人を探す際は、評価制度が重要なチェックポイントです。
これまで培ってきたスキルを十分に評価してもらえるかどうかで、給与は変わってきます。
特に診療科が変わる場合できないことも出てくるでしょうが、それ以上にできることもあるので、極端に評価を下げるような病院は避けるのが賢明です。
入職時点で、どういった基準で給与が決められるかを確認すると良いでしょう。

病院でも労働生産性の向上を目指して、働き方改革の実施が見られます。
特に目立つのは、持っている資格や研修履歴などの看護師情報を一括管理し、適切な職場に配置したりキャリア形成に活かしたりする病院です。
このように、人材育成に力をいれている病院であれば、これまでのキャリアを活かした転職が可能になります。
また、転職後のミスマッチも防げる可能性が高いです。

中途採用者にありがちな問題が、業務手順の違いに戸惑ったり流れの速さについていけなかったりすることです。
新人看護師に対して手厚い研修があっても、即戦力と見なされて中途採用者にはない場合も珍しくありません。
もちろん自分で勉強することは大切ですが、必要に応じて教育などを実施してもらえると安心です。
実施される場合は、具体的な方法も確認しておきましょう。