節税対策のすすめ|保険相談はプロへ【ファイナンシャルプランナーのすすめ】

保険の見直しで節税対策ができる!計画と準備が大切

相続税と贈与税の違いを理解しよう

相続税

相続税は、亡くなった人の財産をもらう場合にかかる税金です。相続税の基礎控除額は3000万円+法定相続人の人数×600万円とされています。それを越えた場合は、累進課税制度が適用されます。

贈与税

贈与税は、生きている人から無償で財産をもらう場合にかかる税金です。基礎控除額は1年で110万円だとされています。贈与税についても基礎控除額を越えた場合は累進課税制度が適用されます。

節税対策のすすめ

スーツの人

効果に着目しよう

節税対策を行なう場合は、効果が継続的に続くものなのか、一時的なものなのか確認することが大切です。課税の繰り延べと呼ばれるように、一時的に税金が減りますが、後になって課税される場合が挙げられます。これはつまり課税のタイミングをずらしているだけであって本質的な節税対策では無いのです。節税を行なう場合、TPOも心がけましょう。いつ節税対策となる行為を行なうのか、目的は何なのかを明確にしておく必要があります。

保険を活用して対策

個人保険に加入することで税金対策ができる場合があります。相続税や贈与税、所得税の対策ができます。状況にもよりますが、終身保険といった死亡保険金などを選ぶと節税対策になると言われています。

法人税でお悩みの方は

また、法人税の税金対策をすることができる場合がります。例えば、長期平準定期保険や逓増定期保険が挙げられます。法人税対策で悩んでいる方はインターネット等を活用して情報収集してはいかがでしょうか。

FP保険相談をしよう

個人で節税対策に悩んでいる方は、FPに相談するのもありです。税金対策の相談を承っている事務所もありますので為になるでしょう。FPは保険に関する知識も豊富に持っているので、保険を見直しながら節税対策をしたいと考えている方はFPへの保険相談も視野に入れておくと良いのではないでしょうか。

節税対策で悩んでいる方へ

このように節税対策をするには、それまでの計画と準備が大切です。個人の方も法人の方も、節税対策で悩んでいる場合は、節税対策に詳しいプロに相談するのも良いでしょう。